ED治療薬を選ぶならコスパや使い勝手のよいジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発薬)は、飲み方や主成分、そして効果のメリットが先発薬を同等です。長期のED治療を行う場合は、経済的に負担がかかってしまう先発薬に比べ、安い値段で提供されている後発薬であれば負担が軽くすみます。

*

インドのEDジェネリック薬品は新薬と変わらない効果がある

   

ED治療薬と言えば、強力な勃起力を取り戻せる製品として有名ですが、同時に値段が少し高めな事でも知られています。そのため、EDの症状に悩みながらも、経済的な理由で治療薬の入手を諦めてしまう男性もいらっしゃいます。
一回分のコストが、1500円から2000円と、正直なところED治療薬の維持費は安いとは言えません。ただし、インド製のジェネリックならランニングコストが安いです。

インドのEDジェネリックの価格は200円程度

新薬のED治療薬は軒並み高価です。しかし、インドの製薬会社が製造と販売をジェネリックであれば、コストが一回あたり数百円まで下がります。
具体的な値段は時期や入手方法によって微妙に異なりますが、ほぼ一粒500円以下で入手でき、非常に安価な場合であれば、200円から300円程度で手に入ります。
ランニングコストがネックでED治療薬の摂取を諦めていた方々は、新薬ではなく、インド製のジェネリックに注目しましょう。

インドのEDジェネリックは新薬と変わらない効果

ジェネリックの長所は何と言っても、ベースの新薬と効果が同じ点です。いくら安価だったとしても、効果まで半減していてはユーザーとして魅力を感じません。
しかし、インド製のジェネリックの凄いところは絶大な費用対効果を誇りながら、実質的に新薬と変わらない効果を持っている点です。
新薬と同じスピードでペニスを素早く勃起させ、同じ時間帯、勃起力を正しくキープさせます。主成分が同じなので、得られる効果も同じです。

ペニスをしっかりと勃起させられる体質になれば、妻やガールフレンドとの楽しい時間が過ごせます。ED治療薬は即効性が強い製品が多く、服用後1時間でペニスの硬さが復活し、その後はスムーズに挿入とピストン運動ができます。

インドは国際的に医療大国として有名

インドは古くから理科系の分野に強い国です。日本国内ではヨガや仏教やカレー、ナン等の文化が有名ですが、国際的には医療大国として有名です。医薬品の品質と安全性には定評があります。

あまりインドの製品に馴染みが無い方でも、安価で良質なED治療薬に関心があれば、一度試しに利用してみましょう。